2018年04月05日

ショウタが語るONEPIECE 第160話

こんにちは!しょうたです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3646.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第160

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


160話〝スパイダーズ・カフェに8時〟


ルフィはエースからもらった紙切れを麦わら帽子に縫い付け無くさないようにした。

なくない意味があるのかどうかは分からにが、エースが持ってろというから持っていると決めたようだ。

砂漠に上陸するため、ルフィたちは着替えることに。砂漠では日中50を超え、肌を出していると火傷してしまうという。

ビビたちは「ユバ」という街に向かうため、河を渡っている。ユバに行き反乱軍を止めるため説得するという。しかし反乱軍は70万人も居るため止まるのかと聞くと、ユバヘの旅路でB.Wがこの国に何をして、国民がどんなことにあっているかわかるといい、

こんな無意味な暴動は絶対止めると震えながら答える。その姿を見たルフィたちはユバへ進路を進める。

そんな中、B.Wの作戦は二日後に迫っており、ビリオンズはナノハナで待機している。

そしてオフィサーエージェントはスパイダーズ・カフェに本日8時に集結するという。


その砂漠の中に立っているスパイダーズ・カフェ。B.Wの本社だという。そこに大男とおばさんが一人。Mr.4とミス・メリークリスマスだった。Mr.4は動きや会話がとても遅く、逆にミス・メリークリスマスっはとてもせっかちな様子。

そしてスパイダーズ・カフェのいたのは店主のポーラという女性。今日はB.Wの貸し切りだという。

そんなやり取りの中、変な歌が聞こえてきた。やってきたのはMr.2だった。

Mr.2は部下たちに帰っていいと伝え

別れた。そしてMr.4たちとも顔合わせ。世間話になり、Mr.1と会ったことないから楽しみと話していた。その時、スパイダーズ・カフェの外にMr.3と思われる男がのぞき見していたが誰も気づかなかった。


約束の8時。何もすることなく待っていると、8時になった瞬間スパイダーズ・カフェに男たちがボロボロになって投げ入れられた。なんとそれはMr.2の部下たち。やった犯人はMr.1だった。砂漠で不審な動きをしていたからという理由だった。

Mr.2は怒りMr.1に攻撃を仕掛ける。Mr.2は優勢で、Mr.1を吹き飛ばし壁をぶつかりそうになったが、Mr.1がぶつかる瞬間壁を砕いてダメージを食らわなかった。しかしこの攻撃でMr.1もスイッチが入り応戦しようとしたが、ポーラが止める。そしてMr.2Mr.4が止めていた。

8時になったためスパイダーズ・カフェに届いた指令状を読み上げる。このまま夢の町「レインベース」に向かって今まで顔も知らずに「ボス」と呼んできた男に会いに行く

そしてその指令状をよむポーラがMr.1のペア「ミス・ダブルフィンガー」だった。


感想


反乱軍のリーダーがいるユバに向かうルフィたち。その道中、ビビの思いのたけを聞けましたね。

B.Wがいかに酷いことをしてきたかユバに行けば目の当たりするといっていました。

この国をB.Wの好きにはさせない。震えながらも強く発言するビビの姿にルフィたちはビビを守ることを決めたようですね。


IMG_3669.jpg


そんな中、最後の作戦をするためにクロコダイルはオフィサーエージェントを集めました。

スパイダーズ・カフェというところに続々集まる者たち。

Mr.1・ミス・ダブルフィンガーペア。Mr.2・ボンクレー。Mr.4・ミス・メリークリスマスペア。そして物陰にはMr.3の姿も見えましたね。

彼らはこれからレインベースという町に行き、クロコダイルと初の顔合わせになるようです。


IMG_3670.jpg


その作戦が開始してしまえば、この国はどう転ぶかわかりません。

ビビたちは反乱軍を止めることができるのでしょうか。

次回も目が離せません!


161話もよろしくお願いします!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!



posted by ショータ at 22:31| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

ショウタが語るONEPIECE 第159話

こんにちわ!ショウタです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3646.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第159

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


159話〝来いよ〟


スモーカーの船に捕まっているMr.11。しかし見張りの海兵たちもルフィを捕まえに皆降り船に一人ぼっち。そこにB.WのビリオンズがやってきたMr.11は縄を解いてくれと頼むも、ビリオンズとMr.11のようなナンバーがギリギリの男では力の差はなく、ナンバーの

席を開けてもらうと、Mr.11を撃ったのだった。


エースのおかげでルフィたちは海軍を巻き、船に戻るため走っていた。ナノハナには砂漠を渡るための物資調達のためで、船で一旦河から内陸に入るという。

船につき、ビビはカルーを呼び重要な仕事を任せた。カルーは北の「アルバーナ」という地に変更して、王にイガラムとビビが調べ上げたすべてが書かれている手紙を渡すという者だった。カルーはその仕事を受け、アルバーナに向け走り出した。


船に乗り、ルフィはエースが兄ということを説明した。

エースもワンピースを狙っており、年齢は3つ上で3年早く海に出た。

しかしエースも悪魔の実を食べているのは知らなかった。

だが、悪魔の実を食べていないエースにルフィは勝負して一回も勝てたことがなかったほど強かった。ナミたちも驚いたが、今やったら俺が勝つとルフィは笑いながら話す。

そこに海軍を巻いたエースが船にやって来た。

エースはドラムでの伝言を聞いてはいないと知るも会えたからよしとし、野暮用でこの辺の海に来たから一目会っとこうと思ったらしい。

そんなエースはルフィに白ひげ海賊団に来ないかと勧誘するも、速攻断る。それも分かっており、言ってみただけだとエースは言う。ウソップは白ひげのせかなの刺青は本物なのかと聞くと、誇りだと答える。白ひげエースの知る中で最高の海賊で、白ひげを海賊王にしたいと語る。


船でもてなすと招いても、用事はたいしたことないとエースは断る。海軍も全くおってこなく、エースのメラメラの実の能力で完璧に見失っていた。

そんな中海軍は、ルフィたちと一緒にビビがいた事に気づく。さらにこの国にはクロコダイルという七武海がいる。スモーカーは七武海を嫌っている。海賊はどこまで行こうと海賊なんだとスモーカーは持論を展開した。


エースはルフィにただの紙切れを渡した。エース曰く、その紙切れがルフィとまた引き合わせるとのことだった。

「できの悪い弟を持つと、兄貴は心配なんだ。おめぇらもコイツにゃ手を焼くだろうがよろしく頼むよ」とみんなに語った。

エースはもう船を出すという。

エースは重罪人を追っている。最近黒ひげと名乗っている男で元々は白ひげ海賊団の二番隊隊員でエースの部下だった。黒ひげは海賊船で最悪の罪「仲間殺し」をして船から逃げたため、隊長であるエースが始末をつけるため、グランドラインを逆走していた。

「次に会うときは、海賊の高みだ」と語り、船を出した。

エースが弟思いの人格者と知りゾロたちは感動していた。

そこにエースを狙ったビリオンズが現れた。エースを始末して昇格を望んでいたが、

エースは5隻の船を一瞬で避け、「火拳」という技で、5隻の船を一瞬で粉々にした。

高みで待っているとエースはルフィに言って笑った。


感想


エースと再開したルフィ。エースは海軍を一瞬で引き離し、ルフィたちに追いついたようですね。

エースはとても弟思いのいい男で、ルフィのことをずっと心配しているようでした。

そんなエースは白ひげという男をここから尊敬しているようで、ルフィではなく、白ひげを海賊王にしたいと言いました。一応白ひげ海賊団にも誘いましたが、ルフィはすぐ断りましたね。


IMG_3665.jpg


そんなエースはルフィに紙切れを渡しにきただけだといいます。

なんの紙切れかはわかりませんが、これがまた二人を引き合わせるとのこと。

いったいどんな紙なのでしょうか。

そんなエースは、次会うときは海賊の高みだと言いました。

エースの言う高みにはいつ行けるのでしょうか。


IMG_3666.jpg


そしてエースの探している黒ひげ。チョッパーの故郷をめちゃくちゃにした海賊。

彼は白ひげ海賊団で仲間殺しをしたとのこと。

エースは無事黒ひげを見つけることができるのでしょうか。

そして、ルフィたちはクロコダイルの元へ進みます。

一体どんなことが待ち受けているのでしょうか。


160話も注目です!

漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!

posted by ショータ at 00:01| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ショウタが語るONEPIECE 第158話

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3646.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第158

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


158話〝上陸のアラバスタ〟


アラバスタに上陸したルフィたちだったが、ルフィが付いた瞬間飯屋に走っていき行方不明に。しかしルフィなら大丈夫だろうと放っておくことに。

するとその時、海岸に倒したはずのMr.3の船が見つかる。その船はドルドルの実の力でしか動かないためこの国に来ていることが分かった。


スモーカーと白ひげ海賊団のエースが向かい合っている。

スモーカーは大人しく捕まれと言うが、エースはそれを断る。

スモーカーは別の海賊を探していておエースの首なんて興味がないと言い、それを聞いたエースが見逃してくれと言うも、そうもいかない。俺が海兵で、お前が海賊である限りな

攻撃そうぃ用とした瞬間、スモーカーの後ろに勢いよく飛び込んできたルフィがぶつかり、エースとスモーカーは店の壁を突き破って吹き飛ばされる。


飯屋に着いたルフィはそんなこと関係なくご飯を頼み、食べ始める。

民家を何個も突き破ったエースは、民家ごとに謝りながら、これをやった男の元に進む。

そしてその男を見た瞬間、エースは笑顔になり、ルフィに声をかけようとするも、そのエースを下に押し付けスモーカーが前に出てきてルフィの前に立ちはだかった。

ルフィは最初見てもわからなかったが、ローグタウンの煙男と思い出した。

ルフィは頼んだものをそいで口に含み、店から逃げ出した。

それを追いかけるスモーカー。そしてそれを追いかけるえエース。ルフィとエースは食い逃げが確定した。


逃げるルフィ。その先にスモーカーの部下の剣士たしぎが居合わせ、ルフィに攻撃。しかしうまくよけ、逃げ続ける。

スモーカーはたしぎに海兵を集め一味を探すよう指示を出した。


その時ゾロたちは町のはずれで食事や服をそろえていた。

砂漠を越えるための物資もそろえ、まずは反乱軍を止めるため、反乱軍の本拠地「ユバ」へ行くことに。その説明をしているところに、海軍が通りかかる。この町海賊でも現れたかと言っていたら、追われていたのはルフィだった。ルフィはゾロたちに気いて声をかけゾロたちも追われることに。

そこにスモーカーが攻撃を仕掛け、捕まりそうになったところに火の塊がスモーカーの攻撃を止める。そこに現れたのはエース。

「お前は煙だろうが俺は〝火〟だ。おれとお前の能力じゃ勝負はつかねぇよ。」とスモーカーを止めた。ルフィはエースを見て驚き、「変わらねぇな。ルフィ」と笑った。


感想


エースとスモーカーのやり取りのところにちょうど良くルフィが来てしまいました。

二人ともルフィを探していてそこにルフィが来るなんて偶然にもほどがありますね。

しかし最初にあっていたのがエースだったら話が変わっていましたが、スモーカーが先にルフィと会うことに。

スモーカーの執念も大したものですね。


IMG_3658.jpg


その後ルフィはスモーカーに追われ、さらにゾロたちも見つかってしまいました。

スモーカーの能力では一味が全員倒されてもおかしくはなく、ピンチになりましたが、エースが助けてくれました。エースはなんと火を使った能力者のようですね。


IMG_3660.jpg


そんなエースがルフィと再会。

この出会いはどういう形になるのでしょうか。


次回も目が離せません!


159話もよろしくお願いします!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!




posted by ショータ at 01:00| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。