2018年03月16日

ショウタが語るONEPIECE 第153話

こんにちは!しょうたです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3572.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第152

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


山頂についたゾロやドルトンたち。

ゾロとウソップが城の前に出た瞬間、城の上から降りてきたルフィに突撃される。

ルフィはゾロが敵から奪った服をみて的だと思って突撃をした。

ビビはナミとサンジの安否を聞き、安心していた。

城の上で何をしていたか聞かれ、ワポルをぶっ飛ばした報告をしたルフィ。

ドルトンはそれを聞き、驚いた。チェスたちのことも聞くと、トナカイがぶっ飛ばしたと答える。

その時、ドルトンはチョッパーを見つける。ドルトンはヒルルクが死んだとき来た生き物だと思い出し、ルフィやチョッパーに対し膝をついて礼をした。


その時、ほかの村人たちもチョッパーに気づき、変な生き物と声を上げる。

ドルトンは静止するも、ウソップが「バケモノだー」と叫んでしまう。

その言葉にショックを受け、チョッパーは逃げ出してしまう。

そんなウソップにルフィは怒り、チョッパーを「まてよバケモノー!」と追いかける。


そのやりとりの最中、村人の前にくれはが登場した。

くれははけが人を病室に運びなと命令。

そんな中、病室を逃げ出したナミとサンジが隠れていた。出稿を遅らせまいと逃げ出そうとしていたが、くれはに見つかり病室に戻されてしまう。


無理をしたサンジは悪化しており、治療を受けた。

くれはは病室にいるドルトンに城の武器庫の鍵のありかを聞く。

しかし武器庫の鍵はワポルが携帯していたため一緒に空に飛んでいってしまったと伝える。

くれはは困ったが、ナミがくれはに治療費をタダにすることと、自分たちをすぐ退院させろと交渉。くれはは当然断り、船の積荷と有り金全部。ナミは二日間安静にしろと命令。

するとナミはワポルからスった武器庫の鍵を取り出し、これと交換するようにと提案。

くれはは呆れながら武器庫の鍵を受け取り、治療代はいらないと受けた。

しかし医者として退院という条件はのめないと言った。


くれはは、これから部屋を開けるとナミにいう。

奥の部屋に自分のコートが入っている。誰も見張りをつけているわけではない。

サンジの治療も終わっているが、「決して逃げ出すんじゃないよ」とナミに言った。

くれはは村人に力仕事をすると連れて行く。

ナミとビビはくれはの言葉をコート来てサンジを連れて今のうちに逃げ出せと解釈した。


外はいつの間にか夜。

ルフィはまだチョッパーを探していた。

ルフィはチョッパーに一緒に海賊やろうと勧誘していた。

ウソップやゾロは出てこないから海賊なんてやりたくないんだから諦めろというも、ルフィはその子馬を聞かない。

するとチョッパーはルフィの前に現れる。

ルフィは一緒に海賊やろうと言うも、チョッパーは無理という。

そこに逃げてきたナミたちも合流。

チョッパーは、「トナカイだし角も蹄もあるし、青っ鼻だし。そりゃ海賊にはなりたけどさ。俺は人間の仲間でもないバケモノだし、仲間にはなれないからお礼を言いに来たんだ!誘ってくれてありがとう。俺はここに残るけど、いつかまたここへ」と断ろうとした瞬間、

「うるせぇ!!いこう!!」とルフィが叫ぶ。この言葉にチョッパーは涙を流し、

「おお!!」とルフィの仲間になることを決意した。


感想


無事ワポルを倒し、この島の危機は遠ざかり、ドルトンは島民を代表してお礼を言いました。

くれはのおかげで怪我をした人間も治療が受けられました。

そんな中くれは、武器庫の鍵を探していた。

ちょうど良くナミがスっていたため、治療費もタダになり、遠まわしではありますが、隊員もさせてくれましたね。ヒルルクの言うとおり、人の命を救う医者に悪い奴はいませんね。


IMG_3624.jpg


そんな中ルフィはチョッパーを仲間に勧誘していました。

チョッパーは本当は行きたいが、人間じゃないから仲間にはなれないと思っていたようですな。心を開いてくれた人間は今までヒルルクとくれはの二人。

やはり恐怖心があったのですが、ルフィの戦う姿や海賊としての行き方に憧れを抱き、

ルフィが心を開いてくれていることがわかり、海へ出ることを決心ししました。


IMG_3625.jpg


こうしてチョッパーという船医が仲間に加入した麦わらの一味。

ビビをアラバスタに送り届けますが、時間がありません。

チョッパーはくれはと別れ出稿できるのでしょうか。

次回も目が離せません!


153話もよろしくお願いします!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!




posted by ショータ at 17:26| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。