2018年01月17日

ショウタが語るONEPIECE 第62話

こんにちは!しょうたです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3227.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第62

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


62話"MH・5"


サンジからの恩を感じ、殺せないとクリークに行ったギン。

ギンはクリークを裏切るつもりはない。今までやってきたことも間違っていると思っていないし、クリークの強さに尊敬もしているし感謝もしている。しかし、サンジだけは殺せない。そのままクリークに驚きの発言をする。

「首領・クリークあわよくば、あわよくば!この船を、見逃すわけにはいかねぇだろうか!」

と、涙ながらにクリークに頼んだ。しかしこの発言にクリークは大激怒。部下たちも気の抜けたことをと怒った。

そこでクリークはギンに「ガスマスクを捨てろ。てめぇはもう俺の一味じゃねぇよ」

ガスマスクは、クリーク海賊団にだけ渡される、毒ガス弾MH・5を防ぐために持たされているもので、それを捨てろということは、ギンを殺すということだ。

その発言に部下も驚く。なんせギンはクリークの右腕で、ギンほど忠実に働いた男はいなかった。

グランドラインから逃げ出したときも、狙ってきたフルボディの海軍船から、一人囮になったのがギンだったのだ。

その男を殺すことはないと部下は信じれていなかった。

しかしクリークはマスクを捨てろと再度命令。


その時、毒ガスを撃たせまいとルフィがクリークに突っ込んだ。クリークはそんなルフィにまたニードルマシンガンを打ち込んだがルフィは交わした。

しかし、海に弱いことを知っているため、クリークはルフィの走っている横になったマストをぶっ壊し、バランスを崩させニードルマシンガンを撃ち込んで同じ場所に追いやった。


戻ってきた時に、ギンにたいして「あんな弱虫の言うことなんて聞くことねぇぞ」と発言したが、

ギンはその言葉にクリークを愚弄するなと怒った。クリークは最強でお前は勝てやしねぇとクリークのことをまだ尊敬していた。サンジは、おまえを殺そうとしてるんだぞと目を覚まさせようとするも、

「妙な情に流されて一味の本義を全うできなかったふがいねぇおれへの当然の報いだ!」

と言いながらガスマスクを海に捨てたのだ。

その瞬間クリークは毒ガス弾MH・5を発射したのだ。

部下たちはガスマスクを装着、コックたちは海に潜った。ルフィはすかさず、ガスマスクを海賊たちから2個奪いサンジたちに投げる。そして自分のも盗ろうとしたが、部下たちは海に潜って盗ることができなかった。

やばいと困っていたところに、ガスマスクが転がってきた。

そしてガス弾は炸裂。あたりいっぱい毒ガスだらけになった。


炸裂してから5分。ようやくガスが晴れ、ルフィがあたりを見回したところ、衝撃の光景が。

サンジがガスマスクを無理矢理上から付けられているが、それを抑えているのはギン。

そのギンはなんとマスクをつけていなかったのだ。

実はルフィのところに転がったマスクはギンにルフィが渡したもの。

ルフィも救うためギンは自分を犠牲にし、さらにクリークからの報いを自ら受けたのだった。

ギンは盛大に吐血し倒れ込んだ。息も苦しく、体は小刻みに震えている。その姿をみたクリークは大笑い。バカは死なねと分からねぇと言い放った。

「クリーーーーーーク!!!!」ルフィが本格的にクリークに切れた瞬間だった。


感想


今までクリークのために忠誠をつくし、クリークのためだけに働いた男、ギン。

そんなギンがはじめてクリークの言ったことに逆らいました。

ギンはさらにこの船を見逃すわけにはいかないかとまで言ってしまい、大激怒させてしまい、一味を抜けさせられました。

クリークは本当に情の欠片もない男ですね。そこまで尽くされた男だろうと関係なく殺そうとするのは驚きです。


IMG_3252.jpg


しかし、殺されようになってもギンはクリークのことを尊敬していましたね。

これもギンの強さなのでしょうか。憧れた男になら殺されてもいいと思ったのか。

自分の命なんて捨てても、クリークの命令を最後まで守り抜きました。

ただ唯一出来なったのがサンジを殺すことでした。ギンとサンジ。二人共自分を拾ってくれたり憧れた男のために命を貼れる男で、奇しくも似た者同士でしたね。


IMG_3253.jpg


そんな男になんの躊躇もなく殺そうとしたクリークに大激怒したルフィ。

ここからルフィとクリークの戦いは本格化しますね。

ルフィはここから強くなります。

最強の武力にどう戦っていくのでしょうか!

次回も目が離せません!


63話もよろしくお願いします!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!





posted by ショータ at 20:19| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。