2018年01月17日

ショウタが語るONEPIECE 第61話

こんにちは!しょうたです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


IMG_3227.jpg


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第61

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


61話"鬼"


ギンに倒され、身動きがとれなくなったサンジ。ギンは鉄球を振り回し、頭に振り落とされそうになっていた。

しかし、サンジは下ろされる前に、加えていたタバコを口から出し、ギンの顔に当てる。

そのスキにギンの拘束から抜け出し、ギンにケリを食らわす。まともに食らったが、ギンも反撃し、サンジの体にモロに当たった。痛みわけではあるが、サンジの方がダメージを食らっているためフラフラだ。

しかし、サンジに一発食らわされたギンを部下たちが心配するが、何の心配もいらないと豪語するクリーク。

ギンは敵が泣こうが喚こうが容赦なく相手を殴り殺す。情のカケラもない男にクリークが付けた名は鬼人だった。

サンジは艦隊の総隊長も案外ちょろいなと強がってはいるが、骨は何本か折れている模様。

それを察しているのかギンは笑みをこぼす。


サンジとギンの叩きばかり見ているクリークに対し、今のうちにぶっ飛ばすと倒れているマストの上を走りクリークのもとに走いていくが、クリークも迎撃の準備。

まずルフィが走いているあたりに小さな爆弾を落とし、水しぶきで前を見えなくすると、

そこにニードルマシンガンを打ち込む。

水しぶきの中から槍が何本も飛んできて、ルフィは逃げるのがやっと。

しかし足に一本あたってしまい、元居た位置まで戻されてしまった。

ルフィは戦う気あるのかと怒るが、

「戦うきだと?そんなものは必要ねぇさ。戦闘に要るものは"殺す手段"それだけだ。

それが武力だ!人間のな。ただつっこむしか頭のにねぇ貴様はサル同然!」とあくまでも殺すことだけを考えて攻撃するみたいだ。


そこで部下の声が響く。なんとサンジが座り込んで、ギンが上から見下していたのだ。

鉄球は血まみれ、クリークとルフィにやり取りの間に10発以上鉄球を食らっていたのだ。

サンジはまた雑魚野郎とギンに向かって言うも、強がっているだけで、思っている以上にギン強かったのだ。

ギンはサンジにトドメを刺しに突っ込んで攻撃をしたがサンジは軽々しく交わす。ギンともあろうものが、サンジに同情しわざと甘い攻撃をしたのだ。そのままサンジはギンにカウンターを食らわす。しかしサンジの体は限界で、自分の攻撃の衝撃も耐えられず、そのまま倒れ込んでしまった。

ギンはまだ動ける。倒れているサンジの上に乗り、今度こそトドメかと思われた瞬間、

「できません!!首領・クリーク!!!」と叫んだ。クリークは驚いた表情。

「おれには、この人は殺せません!!だっておれは」と、ギンは話、ここでクリークがもういっぺん言ってみろと大激怒。しかしギンはそのまま話を続ける。

「あんなに人に優しくされたのはおれは、生まれてはじめてだからおれにはこの人を殺せません!!」

と泣きながら話した。

その言葉にクリークは呆れ、攻撃準備を始めた。


感想


サンジVSギンの戦いが始まりました。下っ端だと思っていたギンは実は海賊艦隊戦闘部隊総隊長で、鬼人という異名を持っているのですが、

その言葉通り強かったですね。

サンジはパールとの一戦でダメージをかなり受けていたので、サンジはいつもの強さは出せないのですが、普通よりもものすごい強いサンジを圧倒していました。

総隊長の名は伊達じゃないですね。


IMG_3249.jpg


しかしそんなギンはサンジを追い詰めたのですが、サンジのことを殺せませんでした。

鬼人と呼ばれ、人を殺すことに何のためらいのない男が、サンジだけは殺せないとは驚きです。あんに人に優しくされたのははじめてだという理由なのですが、

やはり餓死寸前の状況で、まわりにものけもの扱いせれていた時に、水とご飯を持ってきたあの優しさは、人を変えるのには十分だったのですね。


IMG_3250.jpg


しかしその発言に怒ったクリーク。

クリークも人を殺すことに何のためらいもなく、更には情のカケラもない。

そして、この場の人間を殺す毒ガスなどの武力も持っています。

ギンはこの先どうなってしまうのでしょうか。

その時ルフィはどう動くのでしょうか!

次回も注目です!


62話もよろしくお願いします!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!






posted by ショータ at 19:57| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。