2018年01月14日

ショウタが語るONEPIECE 第52話

こんにちは!しょうたです!

このブログは、僕が今まで読んだ漫画や、

新作漫画を読んだ感想を述べていく、

"ショウタマンガファクトリー"です!


今回は、前回の続きで”ONEPIECE”の第52

あらすじや感想を述べていきたいと思います!


あらすじ


52話"誓い"


ミホークの前にゾロは敗北。海賊狩りのゾロが手も足も出ず負けてしまう。それが「グランドラインの力だと身に染みた人が多かった。

サンジは、納得いっていない様子。相手は世界一で結果は見えていた。死ぬくらいなら野望を捨てろよと思い、「簡単だろ!野望捨てるくらい!」と叫ぶ。


海の中に倒れ込んだゾロ。ジョニー達がゾロの救出に向かう。

ルフィは怒り、ミホークの元に突っ込んでいく。

ミホークはそんなルフィを軽くかわしたが、仲間だがよくぞ見届けたと感心していた。

「安心しろ。あの男はまだ生かしてある」とミホークが言った。

ジョニー達が何とかゾロたちを船に引き上げた。まだ息はある様子。そんなゾロに、

「我が名ジュラキュール・ミホーク!貴様が死ぬにはまだ早い。己を知り、世界を知り!強くなれロロノア!おれは先幾年月でもこの最強の座にて貴様を待つ!

猛る己が心力挿してこの剣を超えてみよ!このおれを超えてみよロロノア!」

とミホークが叫ぶ。


ゼフはここまで言わせるとはと驚いている。

ミホークはルフィにも何を目指すかと聞き、海賊王とルフィは答える。

その道はこのおれを超えるより険しいと忠告するが、ルフィはこれからなるんだと知らんぷり。

ウソップにゾロが無事か聞くルフィ。無事じゃないが生きてはいると報告を受ける、

するとゾロが刀を上にあげる。


「ルフィ?聞こえるか?不安にさせたかよ俺が…世界一の剣豪にくらいならねぇとお前が困るんだよな…俺はもう!二度と敗けねぇから!あいつに勝って大剣豪になる日まで絶対にもう、おれは敗けねぇ!!文句あるか。海賊王!」と血を吐きながらルフィに言った。

笑顔でないと答えた。


ミホークはそのまま帰ろうとする。しかしそれをクリークが止める。

クリークは、おれの首を取りに来たんだろと絡むが、

もう充分楽しんだから帰って寝るとするとクリークにはもう興味なし。

だがクリークは自分がやられっぱなしのため腹の虫がおさまらない様子。

「帰る前に死んで行け!」と仕込み銃でミホークを狙うも、ミホークは剣を一振り。

そのままその場から姿を消した。


ウソップたちはそのままゾロを連れて、ナミと船を連れ戻しにいくことに。

ルフィはコックを仲間を入れるとこに。

「5人ちゃんと揃ったら!そんときゃ行こうぜグランドライン!」とウソップと誓い合った。

そうしているうちに、クリークたちが船を奪いにくるための準備ができたようだ。

コックたちも迎え撃つ準備。

ルフィはゼフに、「あいつら追い払ったらおれ雑用やめていいか?」ときき、

好きにしろと言われてた。


感想


ミホークとの一戦で敗北を喫したゾロ。

しかしミホークはゾロを生かしていたようだ。

そしてミホークからゾロへの言葉。ゾロを剣士として認め、敵として認め自分を超えてみろと声を大にしていったところは感動モノでした。

この敗北でゾロはまた強くなるでしょうね。


IMG_3219.jpg


そしてそんなゾロがルフィに誓う言葉を。

泣きながらルフィに忠誠を誓い、世界一をまた一から目指すことに。

ゾロにとってこの敗北は大きいですが、仲間のきずなも強くなり、

海賊団としてまた一つ大きく成長するでしょう。


IMG_3218.jpg


そんなゾロを連れてナミを連れ戻しに行くウソップ。

そしてクリークを相手にするルフィやコックたち。

2つの動きがありますが、まずはクリークたちですね。

彼らを追い払うことはできるのでしょうか!

次回も目が離せません!


53話もお楽しみに!


漫画を知りたいなら、ショウタマンガファクトリーまで!




posted by ショータ at 21:25| Comment(0) | コミック/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。